August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ミネラルのお話。

 

ミネラルのお話。
 

ミネラルは生きていくのに必要な5大栄養素のひとつ。

ちなみに5大栄養素のあとの4つは

たんぱく質、脂質、炭水化物(糖質)、ビタミン。
 

人のカラダ(有機物)を元素にまで分解すると

炭素・窒素・水素・酸素の4つで全体の96%ができていて、

残りの4%にあたる元素がミネラル(無機質)とよばれるものにあたります。
 

ミネラルはエネルギーにはなりません。

  • 体液の量や酸・アルカリ度の調整
  • 筋肉や神経の動きを調節
  • 脂質や糖質エネルギーの代謝

など、

カラダを作ったり調子を整えたりする仕事をしてくれます。
 

もっと簡単に言うと、

水分をより効率的に吸収したり運動機能をサポートする効果です。

運動時や水分補給の際にミネラルも摂るよう言われるのはこのためです。
 

体を構成する大切な成分なのに体の中で作りだすことはできないので

(人間が体で金属精製出来たらちょっと怖い)

基本的に食事やサプリメントなど外部から摂取するしかありません。

 


 

栄養として必要な必須ミネラルは16種類とされ、

日本では毎日の食事での必要摂取量で下記のとおり分類しています。

※この記事の後半に各成分の働きなどをまとめてあります。

 

主要ミネラル(1日100唹幣紊諒箋襪鯡椣)

  1. カルシウム
  2. リン
  3. マグネシウム
  4. カリウム
  5. ナトリウム
  6. 塩素
  7. 硫黄

 

微量ミネラル(1日100嗅にの補給でOK)

  1. モリブデン
  2. クロム
  3. マンガン
  4. セレン
  5. 亜鉛
  6. ヨウ素
  7. フッ素

 

これとは別に、

有害ミネラルと呼ばれるものが存在します。

 

鉛、水銀、カドミウム、ヒ素、アルミニウム、ニッケル

などがそれにあたり、

いわゆる体の『老廃物』と呼ばれるものだったりします。

※これだけが老廃物なわけではないです。

有害ミネラルたちが体の外に出て行かないと

疲れやすい、肌荒れ、むくみ、冷え、便秘、太りやすい、

筋肉や関節の痛み、肩こり、頭痛、めまい、しびれ、集中力の低下

などの自覚症状が出ます。

(でも病気までいかず病院行っても生活注意されるぐらいのいわゆる体調が悪い状態)
 

まさかそんな水銀とか食べるわけないしと思われるかもしれませんが、

歯磨き粉、制汗剤、プロセスチーズ、マーガリン、ビール、ワイン、

プラスチック容器、メッキ金属、銀歯、ヘアカラー、

水道水、排気ガス、たばこの煙、除草剤、殺虫剤、農薬、海産物

などなど、

私たちの暮らしの中に有害ミネラルはあふれていて、

摂取したつもりはなくても、

意識して排出しないとどんどん体に蓄積されていきます。

 

そして有害ミネラルは脳や肝臓、子宮など

脂肪が多いところに蓄積しやすいともいわれていて

発がんや不妊の原因となることもわかってきているほか、

妊婦さんが有害ミネラルを摂取した場合

赤ちゃんにも影響があることもわかっています。
 

ではこの有害ミネラルを排出するにはどうしたらいいかというと、

ここで必須ミネラルの摂取が重要になってきます。

※バランスのとれた食事と適度な運動がよいのももちろん!
 

ミネラルには体を作ったり体調を整えたりする働きがあると最初に書いたとおりで

有害ミネラルによって酸性にかたむいた体を

必須ミネラルを摂取することでアルカリ性に戻してくれます。
 

じゃあたくさん必須ミネラルを摂るぞ!

と、それで解決かというとそうでもありません。
 

ミネラルは摂れば摂るだけいいというわけでもなく、

体の中でのバランスが大切です。
 

例えば塩素ナトリウム

結合して食塩(塩化ナトリウム)の形で摂取しているため

摂りすぎがよくない(むしろ悪い)のはご存知のとおりです。

過剰摂取は高血圧や動脈硬化などの原因になるおそれがあります。

リンカルシウムはバランスが崩れた摂取をするとそれぞれの吸収を阻害します。

バランスは同量が望ましいらしいですが、

リンは保存料など加工食品に添加されていることが多いので

意識してカルシウムを多めに摂らないと知らず知らずのうちに

摂ってるつもりのカルシウムは吸収を阻害されているかもしれません。

かといってカルシウムが多くなると今度はリンの吸収が阻害されます。
 

またカルシウムを摂りすぎるとマグネシウムの吸収も妨げられます。

カルシウムマグネシウムの理想的なバランスは

カルシウム2:マグネシウム1とされています。
 

その他モリブデンも互いに影響しあったり(造血作用など)と、

ミネラルは単体ではなく助け合って働くことが多いので

どれかだけを多く摂るのではなく全体的に必要量摂るのが望ましいです。
 

ただ「ちゃんとバランスとれてるかなんてわからない」

という人がほとんどだと思うので、

後半の各成分が不足した場合や摂りすぎた場合の例を見て

もしかするとこれが原因かもしれないな、

など目安にしてもらうといいかもしれません。

※病気の場合はこの通りではありません。あくまで一般的なアドバイスなので判断は自己責任でお願いします。

 

 

そしてこのミネラル。

とても残念なことに、

口から摂取したミネラルのうち実際に使われるのは10%に満たない

と言われています。
 

ミネラルが体内で働くにはイオン化される必要があります。

イオン化とは簡単にいうと

金属の分子そのままでは体内で吸収されないので

消化分解を経て細胞のイオンチャネルを通れる小さなサイズになることを言います。

 

ただ単純に考えてもミネラルは金属なので消化されにくく、

ほとんどがそもそもイオン化までたどりつかないわけです。
 

体内での消化分解以外にミネラルは水に溶けることでイオン化されるため

ミネラルウォーターやお茶、電解質の入った飲料を飲むことで

すでにイオン化されたミネラルを摂取でき吸収効率がよいです。
 

 

ここでちょっとだけ電解質(イオン)と水分補給の説明を。

 

電解質とは水に溶けた際に電気を通す性質になるもので、

主にナトリウムカリウムカルシウムマグネシウムクロール

などがあります。

 

体液にはこれらのミネラルが

電解質(イオン化ミネラル)の状態で存在しています。

水(体液)に溶けているので汗とともにすぐ簡単に体の外に出ていってしまうため、

季節やスポーツなど汗をかくことが多いシーンや、

熱中症の予防や脱水症状などが出ている際の水分補給では

電解質も一緒に補給することが重要となります。
 

電解質は体液の中で濃度が大切です。

濃くても薄くても異常が出ます。

 

アイソトニック飲料

は電解質と糖度の濃度が安静時の体液の浸透圧に一番近いです。

糖質もしっかり含まれていることが多いので、

運動前のエネルギー+電解質補給に適しています。
 

ハイポトニック飲料

は電解質や糖質の濃度が安静時の体液よりも低い浸透圧で作られており、

水分がすばやく吸収されやすいので、

運動中や運動後の水分補給に適しています。
 

経口補水液は治療のため開発されたものです。

アイソトニック飲料よりも塩分濃度が高いため、

症状も出ていないのにこっちのほうが病院で使われているからいいだろうなどと

勝手な判断で飲んだりするのはまったくおすすめできません。

 

経口補水液、アイソトニック飲料、ハイポトニック飲料など

電解質(イオン)を含む飲料は

状況と目的に応じ正しく使い分けてください。

 

ちなみにMUSASHIリプレニッシュは、

厳密にどちらという提示はされていません。

すばやい水分の吸収効率を考えて調整されているほか、

複数の糖質をいれることで長時間のエネルギー補給にも対応したり

アイソトニックが必要な場面(エネルギー+電解質補給)

ハイポトニックが必要な場面(すばやい水分の吸収)

どちらにも対応します。

なのでマラソンや登山など長時間エネルギーも水分も必要なシーンでかなり頼もしいのです。

カロリーも低めなので疲労などの回復だけでなく予防として飲むこともできます。

おいしくて便利でオススメ!

ただいまキャンペーン中です⭐

 

 

 

さて話をミネラルに戻します。

 

よくカウンセリングの際水分不足の方(けっこうな割合でいます)に

水分補給をすすめまくるのですが

体の巡りをよくしてほしい目的はもちろん、

水分と一緒にミネラルを摂取してほしい目的としてもお話してます。
 

普通の食事からはなかなか効率よく摂れないので、

日々の水分補給をうまく利用するのがおすすめです。

 

水分を体に効率よく吸収するにはミネラルの力が必要で、

ミネラルを体に効率よく吸収するには水の力を借りるとよい。

おもしろいです。
 

実はミネラルの量だけ見た場合、

ルイボスティーや麦茶が特別多いということはありません。

むしろ数字だけでいえば

コーヒーや紅茶のほうがミネラル含有量は多いこともあります。

ただ、

水分補給の面では実際に補給になるかどうかが重要で、

コーヒーや紅茶に緑茶(水出しすると少しカフェイン抑えられます)

などカフェインを含む飲料を飲んでも水分補給にはなりません。

カフェインの利尿作用により水分が先に出ていってしまうのですが

その際もともとある水分まで奪って出ていってしまう可能性があり、

補給どころか水分を失うことにつながります。

なので、

そうなってくるとミネラルの量が数値的に少なかったとしても、

ノンカフェインなルイボスティーや麦茶のほうが

水分補給かつミネラル補給にもなりやすいわけです。

 

※注意してほしいこと※

  • 商品によってミネラル分がまったくない麦茶などもあるので、確実なミネラル摂取が目的の場合はアイソトニック飲料がオススメです。
  • ルイボスティーなどカリウムもしっかり入っている場合、そのカリウムにも利尿作用があります。ただカリウムの利尿作用はカフェインの利尿作用よりはやさしく脱水を心配する必要はない(個人差はもちろんあります)ことと、老廃物除去の働きをしてもらうためカリウムはぜひ摂りたいミネラルなので、少しでも効率よく摂り入れてもらえばと思います。
  • ミネラルウォーターやお茶は体液の濃度に比べるとかなり電解質濃度が低いうえに、そもそもミネラルウォーター(特に日本のもの)は実際それほどミネラル分が入っていないこともあり、汗をたくさんかいたときなど確実に電解質補給が必要な状況では、ミネラルウォーターを摂取することでさらなる脱水を引き起こす可能性がある(体液中の電解質濃度が薄まらないよう水分を外に出してしまう)ため注意が必要です。ミネラルウォーターやお茶は日常の場面で利用してください。

 

カラダは口に入れたもの(食べたもの飲んだもの)でできています。

正しい知識をもって、

必要な場面で栄養が不足しないよう、

日頃から意識したいですね。

 

 

ミネラルについておまけのお話。

 

リラクシングプログラムのオプションメニューとしてある

ノンFエナジークリーム

これは体に効率よくミネラルを吸収させることのできるクリームです。

詳しい情報はこちら

 

クリームなので口からではなく塗ることで経皮吸収させるわけですが、

通常肌にはとても強力なバリア機能が働いていて

何か皮膚に塗っても基本はなかなか入らないようにできています。

※例えばもしバリア機能がなかったら、メイクは1回したらターンオーバーで肌のその部分が生まれかわるまでとうぶん目元も口元もその色ですし(アイライン失敗とかしたら目も当てられない)、口の周りについたミートソースが肌に吸収されて世の中ピエロみたいな口周りの人だらけになります。

 

ノンFエナジークリームに含まれるミネラルは、

この皮膚のバリアを通り抜けることができます。

またただイオン化されているだけでなく有効成分とくっついた状態で

0.2〜0.5ナノ化まで小さくされており、

より効率的に細胞に働きかけます。

塗るだけで結果が出るといわれるのはこのためです。

 

ミネラルの働きは書いたとおり(水分調節や筋肉の運動サポート)で、

それを直接細胞に作用させることができるので

余計な水分の排出や脂肪の代謝が促進されボディラインがスッキリしたり、

筋肉の疲労がとれることで固まったセルライトの分解を助けたりにつながります。

 

エステなど痩身の現場だけでなく、

筋肉のケアとして

スポーツ選手やアスリートの方がトレーニング後に利用されている

ほどで、

成分はもちろん

商品でもエビデンスが認められている確かな製品です。

 

私の気持ちとしてはみなさん毎回追加して頂きたいくらいのオプションメニューです。

(これを必ず使うことにして基本料金あげるか悩んだくらい)

ぜひ効果をご実感頂けたらと思います🍀

 


 

ここから簡単に必須ミネラル各成分のご紹介を。

働きや不足または摂りすぎた場合の症状など簡単にまとめましたので参考になればと思います。

色の違いは前半に紹介した主要ミネラル微量ミネラルかです。

 

 

💎必須ミネラルまとめ💎
 

カルシウム

  • 骨や歯の原料
  • 体液アルカリ性の保持
  • 筋肉の収縮や伸長、興奮の抑制
  • 血液凝固作用

不足すると…骨密度の低下 内出血 発育不全

摂りすぎると(一般的にはその心配はないがサプリや薬の場合注意)…泌尿器系結石 他ミネラルの吸収阻害

リン

  • 骨や歯の原料
  • エネルギー代謝

不足すると(現代の食生活では不足はほぼない)…脱力感 筋力低下 溶血

摂りすぎると…骨量や骨密度の低下 他ミネラルの吸収阻害

マグネシウム

  • 骨形成の補助
  • 酵素の補酵素として
  • エネルギー代謝
  • 血圧の維持

不足すると…疲労感 筋肉の緊張低下 筋肉のけいれん(つる) 循環器疾患

摂りすぎると(一般的にはその心配はないがサプリや薬の場合注意)…下痢
 

カリウム

  • 血圧の調整
  • 心筋収縮の調整
  • 細胞の浸透圧の維持

不足すると…高血圧 むくみ 脱力感 疲労感

摂りすぎると(不要な分は排出されるので基本的に摂りすぎる心配なし)…腎機能が低下している場合→高カリウム血症による心臓麻痺

 

ナトリウム

塩素と結合して食塩の形で摂取している

  • 体液のバランス調整
  • 筋肉や神経の反応

不足すると(日常は不足しにくいが多量の汗をかくような場合不足しやすい)…低血圧 頭痛 吐き気 筋肉痛 けいれん 昏睡状態

摂りすぎると…高血圧や胃がんなどの生活習慣病のおそれ
 

塩素

ナトリウムと結合して食塩の形で摂取している

  • 血液のpHバランスを調整
  • 肝機能の補助
  • 老廃物除去

不足すると(一般的にはほぼない)…食欲不振 消化不良

摂りすぎると…塩素自体を摂りすぎることでの害はいまのところ報告がないそう。ただ塩素は食塩として摂取しているので、塩分の摂りすぎは生活習慣病につながります。
 

硫黄

単独ではなくシスチンというアミノ酸に含まれている

  • 髪爪軟骨の形成
  • 糖質脂質の代謝
  • 有害ミネラル蓄積の阻害

不足すると…しみ 皮膚炎 髪や爪がもろくなる 解毒力の低下

摂りすぎると(一般的にはその心配はないがサプリや薬の場合注意)…動脈硬化
 

  • 赤血球作成補助
  • 活性酸素除去
  • 骨の形成

不足すると(遺伝性の吸収不全など特別な場合以外不足はほぼない)…貧血

摂りすぎると(一般的にはその心配はないがサプリや薬の場合注意)…肝障害
 

  • 赤血球の材料
  • 筋肉など臓器でのエネルギー代謝

不足すると…貧血 運動能力の低下 免疫機能の低下

摂りすぎると(一般的にはその心配はないがサプリや薬の場合注意)…鉄沈着症

モリブデン

酵素の構成成分

  • 有害物質の分解
  • 老廃物の除去
  • 脂質糖質の代謝
  • 尿酸の代謝
  • 鉄分の利用促進による造血作用

不足すると(一般的な食生活の場合不足の心配なし)…頻脈 頭痛 夜盲症

摂りすぎると(不要な分は排出されるので基本的に摂りすぎる心配なし)…銅の有効性低下 高尿酸血症 関節の痛み
 

クロム

体内で働くのは3価クロム(6価クロムは有害物質)

  • PFC(たんぱく質脂質糖質)の代謝
  • 血糖値の安定

不足すると(一般的な食生活の場合不足の心配なし)…動脈硬化 糖尿病 高血圧 高脂血症 末梢神経障害

摂りすぎると(食品中のクロムは吸収率が低いので一般的には心配ない)…吐き気 腎障害 肝障害 6価クロムの摂取→皮膚炎や肺がんの原因

マンガン

酵素の構成成分

  • エネルギー代謝
  • 抗酸化作用

不足すると…必要量が極微量で植物性食品に広く含まれており不足の心配がないため研究も不十分でマンガン不足を言い切る症状の例が見つけられず

摂りすぎると(健康な人の通常の食事での過剰摂取はほぼ心配なし)…経気道吸収で過剰摂取した場合→ 精神障害 中枢神経障害 マンガン肺炎
 

セレン

酵素やたんぱく質の構成成分

  • 過酸化脂質(動脈硬化や老化を進行させる)の分解
  • 活性酸素の除去
  • 甲状腺ホルモンの活性化
  • 有害物質の無毒化

不足すると(日本の土壌ではセレンが不足する心配はない)…低セレン地域→心筋障害など

摂りすぎると(セレンは毒性が強く必要量と中毒量の差が少ないため摂取には注意が必要)…爪の変形 脱毛 下痢 胃腸障害 疲労感 末梢神経障害
 

亜鉛

酵素やたんぱく質の構成成分

  • 代謝調節
  • たんぱく質の再合成
  • DNAの転写・合成

不足すると…味覚障害 免疫機能の低下 生殖機能の低下 成長障害 食欲不振

摂りすぎると(一般的にはその心配はないがサプリや薬の場合注意)…銅の吸収阻害による銅欠乏性貧血 吐き気 免疫障害 下痢
 

ヨウ素

甲状腺ホルモンの主成分

  • 基礎代謝促進
  • たんぱく質の合成
  • 脂質代謝

不足すると(海産物を多く食べる日本の環境では必要量を大幅に上回るので不足の心配はなし)…甲状腺肥大 甲状腺腫

摂りすぎると(不要な分は排出されるので基本的に摂りすぎる心配なし)…甲状腺機能低下 甲状腺腫 甲状腺中毒症
 

フッ素

  • 脱灰の抑制(歯が溶けにくくなる)
  • カルシウムイオンやリン酸イオンの再石灰化(歯の修復強化)
  • 歯の耐酸性向上
  • 抗菌作用による歯垢の細菌活動抑制

不足すると(一般的な食生活の場合不足の心配なし)…歯周病による骨喪失→骨粗しょう症 動脈硬化 狭心症 心筋梗塞 脳梗塞

摂りすぎると…吐き気 腹部不快感 骨硬化症 歯のフッ素症

 


 

✨リプレニッシュ+1キャンペーン✨

夏の水分補給は正しくしっかりが重要です。

運動のおともや熱中症対策にもなるリプレニッシュを今ならもう1袋プレゼント中。

詳しくはこちら

 


 

8/30(金)フィットネスサークルG無料開放!

エアロビクス+筋トレの脂肪燃焼特化のクラスです。

楽しく体を動かして理想のボディを手に入れましょう⭐

詳しくはこちら

 


 

Chat et Noel

パーソナルサロン シャエノエル 

完全予約制

10:00〜18:00/21:00

059-261-4930
※自宅の電話番号ではない為、営業時間内にお電話頂きますようお願いいたします。

猫のいる自宅での営業となるため、 猫アレルギーのある方のご来店はご遠慮頂いております。 

ご理解賜りますようお願い申し上げます。

comments

   
pagetop