December 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

あの日のコスタリカ。

2019年もエジソンへ。

『いつもの』で通じ始めてありがたい。

 

『いつもの』はちみつがけチーズトースト。

 

コーヒーはコスタリカがおいしいですよとのことなのでお願いしてみたら、

席に運んできてもらった瞬間あの日の香り。

あの初めてコスタリカ飲んで衝撃で

ホットコーヒーいけるかもと思わせてくれた味と香り。

 

確かめるべく、

そして確信したらしたで堪能すべく、

カップ持ってスーハースーハー深呼吸しまくったから

さぞかし怪しかったと思う。

 

『これはエルなんでしたかね?』と問うと

『エルセロです。』とエジさん。

 

あれ、エルセロ前飲んでるなと

メモ(←気持ち悪く感じさせたらすみません)を見返すと

"チョコみたいな酸味"と、

前のエルセロは私的にこれって感じじゃなかったっぽい言いぐさで書いてある。

 

酸味好きじゃない。

でも目の前のエルセロ酸味しない。

あの日のコスタリカにも酸味の記憶ない。

香りとキレと苦みがドストライクでしかない。

 

事情を話してみると、

エルセロはずっと同じ仕入れなそうでエジさんも不思議そう。

『でもコーヒーってそういうとこありますよね。』としみじみ。

 

ふむ、農産物やし同じ仕入れであっても同じ出来なわけないのでそのあたりとか、

あとは私の体調とか、気候とかでも香りに影響しそうやし、

そういう些細な条件が見事に重なると深呼吸エルセロになるのかも。

 

なんにせよ、条件はわからずとも

豆の種類がエルセロと判明しただけでもありがたい。

 

コスタリカの違いがわかるなんてと感心してもらったけど、

いや味めっちゃ違う。

奥が深い。

 

おかわりは、

何がいいか聞いたときにコロンビアとのワードも飛び出してたので、

飲んだことないしお願いしてみる。

 

初コロンビア、お豆はナリーニョ。

 

これは深呼吸したい感じはない。

飲んでみると果実感。

関係ないはずのコーヒーの実を感じるイメージ。

 

これどこかで知ってるぞと記憶をたどったら、

タンザニアのアイスコーヒーと同じ感覚やと思い出す。

 

エジさんにどうですかと聞かれ、

例えが変だったらすみませんと前置きしたうえで

『タンザニアのアイスコーヒーと同じ目(○○科○○目とかの目)が同じ気がします。』

と伝えてみたところ、

『僕も飲んでみたときこれタンザニアだなと思いました。』とのこと。

 

コーヒーっておもしろい。

店主さんの味覚が近しいお店にいけると、

苦手だった味もおいしい味に感じ方がかわるのかも。

 

来月エジソンも楽しみ。

 


 

"tama and rin" スタート!

猫スタッフの珠と琳をモチーフにしたグッズの販売を始めました。

サークルの際サオリーナでの受付にも使ってもらえます。

詳しくはこちら

 


 

Chat et Noel

パーソナルサロン シャエノエル 

完全予約制

10:00〜18:00

059-261-4930
※自宅の電話番号ではない為、営業時間内にお電話頂きますようお願いいたします。

猫のいる自宅での営業となるため、 猫アレルギーのある方のご来店はご遠慮頂いております。 

ご理解賜りますようお願い申し上げます。

comments

   
pagetop