December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

BCAAと運動のお話。

BCAA(Branched Chain Amino Acid)
 

必須アミノ酸※である、バリン・ロイシン・イソロイシン、の総称。
※必須アミノ酸→人間が体で作れないけど生きていくうえで必要な必ず摂取しないといけないアミノ酸。
トリプトファン、リシン、メチオニン、フェニルアラニン、トレオニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、ヒスチジンの9種類。
ちなみに猫の必須アミノ酸はこの人間の9種類にタウリンを足した10種類。

 

BCAAには

筋力アップ、持久力アップ、筋肉痛軽減などの効果が期待されるほか、

筋肉の分解を抑制する働きも!

 

効率よく効果を得るには、

運動の30分前〜運動中に、2000mg以上摂取するとよいとされています。
 

BCAAは身近な食べ物からも摂れます。

牛肉70g、マグロの赤身40g、ゆでたまご2こ、牛乳コップ2杯などで2000mgが摂れるとされていますが、

運動前や運動中にこういう食べ物から摂るというのは

シチュエーション的にもなかなか難しいので、

サプリメントによる摂取がおすすめです⭐

 

よく運動が苦手な人ほど、

自分はそこまでのことをしないしアスリートでもないので、

BCAAやプロテインなど特別なものは必要ないと思っていることが多いです。

でも私的には、

運動が苦手な人や運動の習慣がない人ほど必要だと思っています
 

運動習慣のある方や運動が得意な方は

そういう状況での自分のカラダの能力がどのくらいか

もう慣れでだいたいわかることが多いはずです。

なので、いつもと違う違和感にも気づきますし、

おかしいと思ったらやめることができます。
 

でも運動習慣のない方や運動が苦手な方は

自分のカラダがどのくらい動けるか知らないので、

たまに思い立って運動するとまぁだいたい無理します。

またこの手の方は運動はしんどいと思い込んでいるので、

しんどくなってもやめません。

あとしんどいほうが痩せるとか思ってたりね。

疲労具合と痩せるかどうかはあんまり関係ないですよ。
 

疲れてくると体は正しいフォームをとりにくくなり、

例えばマシンを使っていても鍛えるところと違うところを痛めたり、

つけたくないところのお肉を増やしてしまうことになったり、

よいことはまったくないです。
 

後もっと言えば疲れてきたときに適切なエネルギー源がないと、

今ある筋肉がエネルギーとして分解されちゃいます。

将来寝たきりにならないために

筋肉つけようとしてやった運動で筋肉減らしてては本末転倒が過ぎます。
 

そこで重要なのがBCAA。

少しでも効率よく運動できるようにサポートしてくれたり、

また筋肉の疲労回復をはやめたり、

筋肉が分解されるのをふせいでくれる。

運動するなら摂らない選択肢はないはず。
 

てか運動って、

みんなやたら激しかったりつらかったりするものを想像しがちですが、

日々のもう当たり前になってる動きもしっかり筋肉使ってます。

通勤通学に家事に仕事に、皆さんなんやかんや動いてます。

 

ぶっちゃけそのなんやかんやのほうが、

たまの運動よりもよっぽど長く体を使ってるはずで、

そこで正しく効率よく体を使えてるかどうかは、

将来のカラダへの影響がものすごく大きいです。

 

その動くのをサポートしてくれる栄養成分です。

BCAA大事な気がしてきたでしょ?

 

++++++++++

シャエノエルでは生活スタイルや目的にあわせ、

おすすめサプリの紹介やサンプル販売もしています。

カウンセリングの際にご相談ください。

++++++++++

 


 

Chat et Noel

パーソナルサロン シャエノエル 

完全予約制

10:00〜18:00

059-261-4930
※自宅の電話番号ではない為、営業時間内にお電話頂きますようお願いいたします。

猫のいる自宅での営業となるため、 猫アレルギーのある方のご来店はご遠慮頂いております。 

ご理解賜りますようお願い申し上げます。

comments

   
pagetop