October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

グルテンフリーのお話。

グルテンフリーて言葉が浸透してきた印象。
でも日本人あるあるな、

なんかよくわからんけどそうしとくと痩せるんでしょ?
みたいな空気も感じる。

そもそもは、アレルギーに対する食事療法。
パンやうどんやラーメンやパスタなどなどの小麦製品を食べたあとに、
"肌荒れ、頭痛、疲労感、胸やけ、膨満感、吐き気、イライラ···"みたいな症状が出ることへの対策。

ただそのグルテンフリーにしようと思うと和食粗食な感じになっていくので、
パスタ三昧ラーメン三昧な食生活やった人がそうなればそら結果的に痩せるでしょうよって感じ。

あとは小麦てどうしても消化が悪いのは事実で、
いつまでも居残って腸内環境を悪くしてしまうようなことが起きてたのがなくなれば、
腸内環境よくなる=健康になる=健康的な体型や美容にも好影響、は普通に考えられる構図。
腸内環境が整うといいこといっぱいやから。

だからグルテンフリーにしとけば痩せるてことではなく、自分の環境が変わった結果てことは認識必要。
グルテンフリーな食材やからって安心してたっぷり変な時間に食べてたらなかなか体重は減らんと思います。

ていうか、
痩せることがその人にとっての健康とは限らんし、なんていうかこの「痩せる」崇拝がほんと違和感。
数字減ること自体に意味ない。
まずは健康。
健康になったら美も体型もついてくる、と私は思ってます。

ちなみに私はまんまとグルテンに弱い体質。
たくさん食べるとテキメンに胃腸や肌にきます。

普段の食生活は一日二食で昼はスムージーなことが多くて夕は米と小麦抜いてるのでだいたいグルテンフリーな状態。

でもパンもうどんもパスタもラーメンもケーキも好きやからたまには食べる。
ドライフルーツやナッツたっぷりの素朴なパンとかだいぶ好き。
クリームチーズとか塗るとおいしすぎ。

たまには食べたいもの食べる。
そんであとで調整する。
そんだけ。

 

 

comments

   
pagetop