December 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

"目にいい"のお話。

バタフライピーを紹介したついでにアントシアニンつながりで"目にいい"のお話。

左からアサイー(アントシアニン)、ルテイン、カシス(アントシアニン)+ルテイン、アスタキサンチン。

一概に目にいいといっても自分にとっての見極めは必要。
ざっくり言うと目そのもの(網膜とか)に効くのか目の周りに効くのかとか。
網膜で働く成分てのがわりと少ない。

アントシアニンにも色々あるけど、ブルーベリーやアサイーのアントシアニンは目そのものに働くので、眼病予防に。

※アントシアニンはポリフェノールの一種で、青や紫の野菜や果物にふくまれてる色素。ポリフェノールもたくさん種類があるし、アントシアニンもたくさん種類がある。

アスタキサンチンも網膜に働く。眼病予防や眼精疲労対策になるし持ち前の抗酸化力で目の酸化とも戦ってくれる。

ルテインはすごく大事。網膜や水晶体を守る。
紫外線からも守る。目に日焼け止め塗れへんからルテインに頼る。
というか体に日焼け止め塗ってても目に対策してなかったら目から紫外線体内に入る。ガンガン光老化する。

カシスのアントシアニンはちょっと特殊。目そのものより目の周りの筋肉に働く。
なので疲れ目とか眼精疲労、あと青クマの対策になる。
青クマの人はアイクリームよりカシス。これ重要。
あともし視力が悪い原因が目の周りの筋肉にあるならブルーベリーじゃなくてカシス。
ついで目の周り限定でもなくて筋肉の疲労改善に効果があるので、カシスは筋トレのおともにもとてもよし。

ちなみに寒い季節はリラクシング施術前のウェルカムドリンクとして冷えたカシスのホットドリンクをお出ししてます。

体も温まってカシスの効果で筋肉の緊張がほぐれるのでトリートメントの効果が高まります。

 

なので、自分の状態や目的に合わせて、成分もきちんと選ぶ。
私は青クマ対策がしたいし筋肉もほぐれてたいのでカシス+ルテインを。
ヒラマサさんは眼病予防しないとなので(今は問題ないけど普通の人より視野が狭くなりやすいと言われて気をつけてる)、アサイーとルテインをそれぞれ。


++++++++++
シャエノエルでは生活スタイルや目的にあわせ、おすすめサプリの紹介やサンプル販売もしています。

カウンセリングの際にご相談ください。
++++++++++

 

Chat et Noel

パーソナルサロン シャエノエル 

完全予約制

10:00〜18:00

059-261-4930
※自宅の電話番号ではない為、営業時間内にお電話頂きますようお願いいたします。

猫のいる自宅での営業となるため、 猫アレルギーのある方のご来店はご遠慮頂いております。 

ご理解賜りますようお願い申し上げます。

comments

   
pagetop