February 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

ヘルシーごはん:アイスバイン

アイスバインをたっぷりの野菜で鍋風に。

 

アイスバインは塩漬けにした豚のすね肉を野菜と煮込んで作るドイツの代表的な家庭料理。

煮込む野菜はたまねぎやセロリとかの香味野菜やクローブとかスパイスあたりが多いらしい。

なんでもかんでもほりこむのは本場の人には怒られる食べ方なんかもやけど、

好きな野菜を簡単にたくさん食べられるのでOisixでシェモワさんのアイスバイン用すね肉売ってるの見つけたら買う。

まぁそもそも家庭料理てことは各家で色出てるやろし、なんでもいいはずやと開き直り。

 

アイスバインの塩味と野菜そのものの素材の味だけで余計な調味料いらないのでだいぶ健康的!

いろんな野菜と豚肉で栄養バランスも整ったヘルシーごはん!

 

本日使った野菜(←全部オイシックスのにしといた)

  • 塩セロリ
  • たつやのにんじん
  • キャラメルたまねぎ
  • インカのめざめ
  • 横田さんのミニトマト
  • キャベツ
  • しめじ
  • ブラウンマッシュルーム
     

本日のたんぱく質

  • アイスバイン
  • ゆでたまご

 

 

 

アイスバインのまわりを切った野菜で隙間なく埋めたらセロリの葉っぱで覆って煮込む。

(一番下にたまねぎにんじんを、そのあとセロリ、キャベツ、きのこ類、トマトをのせて最後にセロリの葉っぱに)

 

少し火が通って隙間ができたらあらかじめレンチンしておいたじゃがいもとゆでたまごも投入。

 

全体に火が通ってスープが行き渡ったら出来上がり!
 

先に野菜だけ食べるときはピンク岩塩を少々。

黒胡椒たっぷりにオリーブオイルまわしかけたりするとかなりおいしい。

 

ホロホロすね肉が出てくるのは見栄えもするのでパーティーにもおすすめです🍷

※たまごあるとおでん感出るのでパーティーの種類によっては材料にご注意を。

スーパーアンチエイジングレシピ:レッドピタヤスムージー

鮮やかな赤ピンクはベタシアニンの色。
 

ベタシアニンはポリフェノールの一種で、アサイーやブルーベリーの色素で有名なアントシアニンより抗酸化力が高いらしい!

抗酸化力が高いてことは、シミや活性酸素など様々な老化の原因に対しより高いアンチエイジング効果が期待できます。
 

他にもレッドピタヤはがん予防の効果も高かったりバナナより整腸作用も高かったりビタミンミネラル豊富で疲労回復効果もあったりと、全身のメンテナンスにぴったりです⭐
 

 

材料

  • レッドピタヤ 1こ
  • りんご(サンふじ) 1こ
  • 塩セロリ 1.5本
  • 水 200ml

 

レッドじゃないホワイトやイエローのピタヤ(ドラゴンフルーツ)にはベタシアニンはまったく含まれていないので、レッドを見つけたらぜひ。

他にベタシアニンが摂れる食材ははボルシチでおなじみのビーツ。

でもビーツはスムージーにはむかんしボルシチも手間かかるのでレッドピタヤをスムージーにできるとだいぶお手軽。
 

味はまったく主張なく、あわせたセロリとりんごの爽やかさを邪魔しないおいしいスムージーになりました⭐

 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

 

 

 

ちなみに色素のやる気すごいので、切り分けるときは黒い割烹着の着用おすすめ。

あともし傷だらけの白いまな板とかやとなかなかにすごいことになりそうなので、

染み込まないまな板つかうとかなんかシートひくなりとか対策したほうがよいと思います。

指先もしっかりピンク!

でも飲み終えて洗い物すませたら戻ってるくらいだったので手につくぶんにはそこまで心配なさそう。

 

おまけ!

あまりにピンクやったので思わずハートにしてみた。

でもこないだのホワイトもやけど、このまま食べたらあんまり好みじゃないのよなーこれ。

ヘルシースイーツレシピ:ココナッツオイルチョコレート

バレンタインなので乗っかる!

20℃以下で固まるココナッツオイルの性質を利用して簡単に作れるチョコを🍫

 

カカオの代謝アップ燃焼効率アップにくわえて、

ココナッツオイルの一緒に摂った栄養をエネルギーに変えやすくしてくれる効果も追加されるので運動のおともにもよいです⭐

 

余計なものなしで栄養たっぷり、甘みはココナッツシュガーで低GIと、健康を気にする人にも嬉しいおやつです。

 

今回は純ココアもカカオニブも使って栄養だけじゃなく食感もしっかりな仕上がりにしてみました🤓

 

材料

  • ココナッツオイル 100g
  • ココナッツシュガー 大さじ4
  • 純ココア 大さじ3
  • カカオニブ 大さじ3
  • ドライフルーツやナッツいろいろ(乗せる用) お好み
     

作り方

  1. ココナッツオイルとココナッツシュガーを湯せんで溶かす
  2. 1のボウルに純ココアとカカオニブをいれてよく混ぜ合わせる
  3. 型に流し込む → ドライフルーツやナッツなど乗せるものあればそれも乗せる
  4. 固まるまで冷蔵庫で冷やす
  5. 型から外して切り分ける

 

ココナッツオイルはこの時期かたまってるのですくっていれる感じです。

 

湯せんしたあとがこちら。

 

写真ぼけてますが純ココアとカカオニブもう混ざってます。

 

型に流し込んで型の中でカカオニブがかたよらんようちょっとそこをへらでならしました。

そんで、手前をいろいろのせて奥をプレーン(カカオニブは中に入ってますが)にすることに。

 

型は、シリコンのかわいい型にいれるとちゃんとカタチになったりしてそれはそれでいい感じになります。

今回はざっくり武骨な感じにしたく(割れチョコみたいな)、でかい板チョコを作るイメージで浅型のホーローバットを使いました。

ほんとは最初無印の猫型使って猫チョコにしよかと思てたのが、

でもそれ食べるのもなーとか、カカオニブや乗せもののざくざくツブツブがなんか猫さんが大変な見た目にならんかしらとかも気になってきてやめた。

 

一晩冷蔵庫で冷やして翌朝はずしたところ。こっちの面はピカピカできれいなんよなー。

型から外すときは、クッキングシートの上にバットを逆さに(底の金属部分が上になるよう)向けておいて、

その上に濡らして絞ってレンジ(500Wか600W)で1分ほど温めたほかほかタオルをバット全体を覆うように乗せて、

トントントンと底面を軽くたたくとすぐにスルっと落ちてくれます。

※長々タオルのせてたらどんどんオイルが溶けて形なくなるので手早くやりましょう。

 

こっちはちょっと白っぽくなってますがまぁ気にしない!

 

 

すごく大事な注意事項

ココナッツオイルは冷えて固まるので(だからこのレシピが成り立つのですが)、

絶対にそのまま排水溝に流してはだめです。

管の部分で冷えて固まって詰まりの原因になります。

使った調理用具はキッチンペーパーでしっかり油をふきとってから洗うようにしてください。

 

今回はこれヒラマサさんへのバレンタイン用てことだったので、

切り分け途中にプレーンのほうをハートの金型でくり抜いてみた。かわいい💖

 

冷蔵庫で保存しとけばしばらくおやつにつまめます。

ヘルシースイーツレシピ:パイナップルフローズンヨーグルト

パイナップルとヨーグルトのダブルの効果で胃腸の働きをサポート、爽やかな甘味と酸味が食後のデザートにぴったりです🍍
 

材料

  • パイナップル 1こ
  • アカシアはちみつ 大さじ1
  • オリゴ糖 大さじ5
  • ヨーグルト(無糖) 400g

 

作り方

  1. パイナップルを細かく切ってはちみつとオリゴ糖でジャムに。
  2. ジャムの粗熱がとれたらヨーグルトとあわせてバーミックスで滑らかになるよう混ぜてから冷凍庫へ。
  3. 30分〜1時間くらいの間隔でときどきかき混ぜながら様子をみて、ちょうどいいかたさになったら出来上がり。

 

 

 

 

ジャムなので芯は取り除いて、芯に近い部分はより細かく、外側の繊維感ある部分はちょっとだけ大きめにして食感残るようにしました。

オリゴ糖の働きを邪魔しないよう(オリゴ糖じゃないものに分解してしまわないよう)加熱は1時間以内で。

今回はこのあと加工することもあって少し液状な部分も残るくらい(40分加熱)にしました。

ジャムだけならこの材料のヨーグルト抜き+作り方の1まででOKです。

フローズンヨーグルトにせずともなんやかんや使えます⭐
 

 

 

こちら昨日のもつ鍋会のデザートに出しました🤓

からだにやさしいレシピ:全粒粉ベーグルのりんごジャムとクリームチーズサンド

 

 

 

 

先日作ったジャムを使ってベーグルサンド。

全粒粉ベーグルにクリームチーズとジャムをサンドしただけがめっちゃおいしかった。

おいしかったのでジャムあるうちにまたこのサンドつくろ。

 

カロリーは低かないので朝ごはんかランチがおすすめ。

ジャムの甘みもあるのでおやつにもぴったり。

全粒粉でグルテン少なめ、手作りジャムなのでよけいなもの無添加、などなど体にやさしいです。

免疫力アップレシピ:りんごとしょうがのジャム

りんごとしょうがを使って免疫力アップに効果的なジャムを。

寒い季節を内側から温めて腸も元気に乗り切れますように。
 

トーストにのせたりベーグルにサンドしたりはもちろん、ホットミルクにいれたり紅茶やルイボスティーにいれてみたり、

素朴な甘さなので甘みが必要な場面にいろいろ便利に使えます🍎
 

材料

  • りんご(はるか) 1こ
  • 生姜粉末 小さじ2
  • アカシアはちみつ 大さじ1
  • フラクトオリゴ糖 大さじ5

 

りんごの甘みによってはちみつやオリゴ糖の量を加減してください。

はちみつはクセの少ないアカシアがおすすめです🍯
 

あとオリゴ糖を2時間以上加熱すると分解されて性質が変わってしまってもったいないので、

りんごを細かめに切って加熱は1時間以内にすませました😀

 

出来上がり。

もっととろとろなジャムをお好みの場合はさらに細かく切るかすりおろすとよいと思います🍎

 

WECKとかボルミオリロッコとかふたきっちり締まる瓶にいれて冷蔵庫で保存するとしばらくもちます!

※煮詰め足りてなくて水分のある生の部分が残ってたりすると傷みやすいのでシャキシャキ食感残した場合は早めに食べきってください。

チャージレシピ:りんごとバナナとキウイのグリーンスムージー

昨日午後からコンディショニングプログラム(ピラティスとストレッチと筋トレを組み合わせた体をケアするためのプログラムです)
を受けにご来店頂いたお客様のランチに🍱

 

果物の糖質はエネルギーに変わりやすいのと、スムージーにすることで消化の負担も少なくなるので運動前の食事におすすめです⭐

※水と野菜と果物だけで作った場合です。たんぱく質いれるとちょっと状況変わります。
 

バナナとりんごの基本のコンビにキウイでさらに栄養価もプラス、

グリーンは塩セロリで初心者さんにも飲みやすい、

栄養チャージにぴったりデトックスにばっちりなレシピです🤓
 

材料

  • りんご 1こ
  • バナナ 1本
  • キウイ 1こ
  • 塩セロリの葉っぱ 1本分
  • 水 200ml
  • アーモンド(乗せる用) 2粒

 

りんごは絶対皮付きで。

キウイはもけもけの具合にもよるけどいけるなら皮付きで。

 

運動前なのでいつもよりは少なめにして(っても普通の人がひとりで一気に飲むには多いかもですが)それを半分こ。
 

りんごの赤がけっこうしっかり残る!

 

噛み締めながら飲んで30分〜1時間後以降(おなかの感じで判断)にスタートするのがよいです。

30分以内に飲むにはちょっと食物繊維がひっかかるところ。

この消化の待ち時間は運動だけじゃなくリンパを流す際にも大切です!
 

お時間ゆっくりして頂ける場合は、それぞれのプログラムの前後にスムージーをお出しすることも可能です🍎
 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

免疫力アップレシピ:ざくろと洋梨のピンクなグリーンスムージー

グリーンいれてもピンク!
 

ざくろは美容にいいのはもちろん、アンチエイジングや免疫力強化にも嬉しい果物。

種も食べたい果物なので、スムージーにするのはおすすめ。
洋梨とあわせて冬を乗り切るレシピに。

グリーンはまた塩セロリ。

どれもカリウムしっかりなのでむくみ対策にも◎
 

材料

  • ざくろ 1こ
  • 洋梨 1こ
  • 塩セロリ 小さめを1本
  • 水 200ml
  • バナナはついでがあれば飾りにどうぞ🍌

ざくろ扱うときは黒い割烹着おすすめ。

あと手でむく(切り込みは包丁つこた)のがなんやかんやはやそう。
 

あと種がわりとやる気あるので、ブレンダーの時間しっかり120秒。

※連続運転時間に制限があるミキサーやブレンダーあるので長くするときは注意で。
 

ついにグリーンいれてもピンクなスムージー❤

この写真の色が一番近い。

 

味はおいしい。

爽やかに甘い。

適度なサラサラ。
 

まぁ洋梨いれたら間違いない🍐

あとやっぱり塩セロリがいい気がする。
 

基本的に同じグリーンが続くのはよくない。

まぁなんでもそればかりてのはよくない。

なので夕飯の野菜と調整しながら塩セロリ買えるうちにいっぱい食べとこ😀

 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

 

ざくろオークワに売ってた。初めて買ってみた。

 

最近フルーツの売り場見るの楽しい。

冷蔵庫がフルーツスタンドみたいになってきている始末。

 

スムージーやともう一気に切ってほりこんでしまえばいいので、

くだもの好きやけど誰かむいて出してくれへんか(←自分でそこまでするのは面倒)と思ってる私みたいな人にはほんといいと思う。

デトックスレシピ:ホワイトピタヤとセロリのスムージー

強力デトックスな組み合わせ!

むくみ対策や腸のお掃除に⭐

 

 

 

 

材料(サラサラな感じで700ml程度できました)

  • ホワイトピタヤ 1こ
  • 塩セロリの葉っぱ 1本分
  • いちご 9粒
  • バナナ 1本
  • 水 200ml

 

スーパーでピタヤ(ドラゴンフルーツ)を見つけて、栄養成分調べたらカリウムたっぷりだったので、

ちょうど届いた塩セロリと合わせてデトックスな組み合わせのレシピに。

おともはピタヤのパッケージにバナナとあわせてピタヤボウルにしろて書いてあったからバナナと、先日のいちごの残りを。
 

ホワイトのピタヤは甘みも酸味もさっぱりめで食べやすい品種らしいけど、

そのまま食べたらなんか食べ慣れてへんからかいまいちピンとこんだ。
が、スムージーがめっちゃ美味しかった!!

苦じゃなく700mlくらい一気飲み。

たぶん塩セロリのちからも大きそう。

切ってるそばからフルーツみたいな香りというか。

塩セロリだいぶ好き。農家さんに感謝。
 

そんでデトックス効果も高い。

昨日の個人的な小麦祭も原因やとは思うけど、

午後からトイレの回数は増えるし眠いしなんかだるいしで久々の好転反応がなかなかこたえたー🙄
 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

アンチエイジングレシピ:オリーブ鍋

アンチエイジングに。オリーブ鍋。

アンチョビきかせたガーリックスープでたっぷり野菜を煮込んで最後にオリーブオイルをまわしかけて頂きました⭐
 

トマトにパプリカにじゃがいもに白菜にマッシュルームにニンニクに豚肉とかまさにアンチエイジング鍋。

ちなみにトマトは用意されてた具材にさらに追加🍅

オリーブオイルと一緒にに摂ることでリコピンの吸収率もアップ!

 

初オリーブ鍋やったけどさっぱりあっさりでたくさん野菜食べられて美味しかったー。

またアンチョビとニンニクの量を加減したりアヒージョ風とかバーニャカウダ風とかスープの濃さもアレンジできそうで楽しみ😀

 


オリーブオイルはだいぶ身近になってきた印象。

注意は、1日の目安とされている大さじ2よりも摂りすぎないこと(←なんでもそやけど)と、

健康意識してオリーブオイル摂ってるはずが酸化した体に毒なもの摂ってるとか残念すぎるので酸化してないものを摂ること。

※買うときは瓶に入ってるものを選んで、もし遮光瓶じゃない場合は直射日光あたらない場所に保管する、これ大事。

プラ容器のものは買ってきた段階でもう酸化してる可能性あり。

美肌&チャージレシピ:いちごとバナナのグリーンスムージー

いちごはアンチエイジングに効果のある栄養素たっぷり🍓
 

ビタミンCは7粒(←大きさにもよると思いますが)で一日に必要とされる摂取量に届くそうな。

※量の話。ビタミンCはこまめにたくさん摂るもので、一気に7粒食べたら意味ないので注意。
 

ソラレンの心配もなく朝から食べられるので、紫外線対策にも◎
 

バナナとケールとあわせて、栄養満点でおなかも満足な朝ごはんやランチにぴったりのレシピです⭐

 

材料

  • いちご 8粒
  • バナナ 小さいの3本か大きいの2本
  • ケール 1パック
  • 水 300ml

 

いちごはよく洗ってへたつきでOKです。
水溶性食物繊維がたっぷりすぎるので水は300以上で。

 

 

水300にしてももう飲んでるそばから飲み物じゃなく食べ物に変わり始める(ぶるんぶるんしてくる)ので、

一気に飲めない人は(いつも量がおかしくてすみません🙇私はごはんがわりなのでだいたい全部飲んでおります🙇)、

小さめグラスに小分けして冷蔵庫で冷やしてグリーンプディングとしてどうぞ🍮

あ、でも保存料なんて入ってないので小分けしても必ず当日中は食べきってください。

ちなみに夜食べるにはカロリーと糖質多いのでそのあたりもご注意を。トレーニング前後にはよいです😀
 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)

疲労回復レシピ:梨のスムージー

おおきな新興梨まるまる1こにバナナとキウイとセロリの茎をたして、疲労回復スムージーに。
他にもデトックスや美肌や免疫力アップやイライラの緩和などの効果も期待できます。
 

梨が多いのと葉部分ないからかでほぼ梨色スムージーに☺
 

材料

  • 梨 1こ
  • バナナ 1本
  • キウイ 1こ
  • セロリの茎 1本分
  • 水 200ml
  • ピンクペッパー(乗せる用) 気持ち

梨はよく洗って皮付きで。

キウイもよく洗って皮付きでいきたいけど、もけもけのやる気がすごい場合はむいてもOK。

※今回使ったキウイはもけもけのほぼないタイプです。
 

 

ピンクペッパーをちょっと乗せると爽やかさが追加されます⭐

 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

パイナップルも温める。

パイナップルを使ったレシピをあげましたが、実はパイナップルをまるごと買ったのは初めて(1つ197円で売られてた!)。

 

切りたての味がやわらかいのと、色も淡いことにちょっとびっくり。

世のパイン製品の原色感とか、食べ頃が適当な酸っぱすぎやシロップで甘すぎなイメージとか、

今まであんまりどちらかというと好きじゃないほうのくだものやったくらい。

パイナップルに追熟はないようなので、"いいのを選んで買ってきたらすぐ食べる"をちゃんとするとこんなにおいしいてことがわかって良かった🍍
 

スムージーのほかにホットパインドリンクも。

パイナップルも温めると栄養や甘さが増す冬に摂りやすい果物です🍍

食後に飲むと消化促進になったり、セラミド補給の美容ドリンクになったりとおいしいだけじゃない嬉しい効果です。
 

材料

  • パイナップル 1/4
  • 水 100ml

 

スムージー作ってからレンジで温める(ふきこぼれに注意)。

ほんとはパイナップル100%でいきたかったけどブレンダーうまくまわらず水追加。

温める前にそのまま飲んだら優しい甘み。

温めたあとは甘さが増えてあとよく知ってるパインな感じも増えてた😀

 

 

胃腸サポートレシピ:パイナップルとバナナのグリーンスムージー

酢豚やハンバーグの付け合わせなどでおなじみの通り消化を助ける働きがあるので、バナナと合わせて消化とスッキリに期待できる胃腸サポートなレシピに⭐

パイナップルには体内に残りやすいセラミドも含まれてるので乾燥の季節の美肌対策にも◎。

甘みと爽やかさにぽんかんも追加、ココナッツチャンクを乗せるとトロピカルさ倍増です🌴

グリーンは色んな栄養素がバランスよく含まれてるレタスにしてみました🤓

材料

  • パイナップル 1/4
  • バナナ 1本
  • ぽんかん 1こ
  • フリルレタス 1パック
  • 水 200ml
  • ココナッツチャンク(乗せる用) 気持ち

 

 

パイナップルは芯も使います。

レタス、1パックいれたら主張が激しすぎたので、フルーツ感じたい方やグリーンスムージー初心者さんは半分か1/4パックにすることをおすすめします🙀

 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

エネルギーチャージ:ココナッツあんバナナもち

 

 

そのまんますぎる名前ですみません。
 

朝のココナッツオイルおすすめです。

色々素敵なココナッツオイルですが、一緒に食べたものをエネルギーに変えやすくしてくれる効果もあるので、おもちと一緒にスタミナアップでエネルギーチャージな軽食に💪
運動の前や仕事(家事ももちろん!)の前など頑張ったり踏ん張ったりしないといけない場面(運動前なら2時間前に)や、朝ごはんにピッタリです。
 

材料

  • おもち 3つ
  • ‎バナナ 半分
  • ‎あんこ 少々
  • ‎ココナッツオイル 適量
  • ‎シナモン 適量
  • ‎黒ゴマきなこ 適量

作り方

  1. おもちにココナッツオイルを塗ってあんこをちょっと乗せてその上にバナナを乗せて焼く
  2. お好みでシナモンやきなこをふりかける

オーブンシートやアルミホイルなどを敷いて、溶けたココナッツオイルが落ちないようにしてください。

 

 

 

ちょい揚げ焼きなさくさくした感じがおいしいです。

 

丸餅にはシナモン(血行促進)、切り餅には黒ゴマきなこ(タンパク質)、

ブラックコーヒーもあわせて体の活動スイッチをしっかりONに⭐

美肌&免疫力アップ:ホットみかんドリンク

みかんも温めるといろいろ嬉しい効果があります🍊

寒い午後にはホットドリンクにして気持ちも身体もあったかく⭐
 

お好みでカカオニブを乗せるとほんのりショコラオランジェ風になってスイーツ感も🍫

もちろんカカオニブの効能もプラスで免疫力アップにアンチエイジングに頼もしいレシピです。

 

がん予防や免疫力強化に効果があると言われている抗酸化物質のひとつ"βクリプトキサンチン"。

いろんな果物に含まれてますがいわゆる日本のみかんの含有量が群を抜いて多いそうなのでぜひ積極的に食べたいところ。

が、むくのめんどくさかったり食べてみたら甘くないことあるしであんまり手が伸びないなてときは、

ドリンクにしてしまうとあの白いやつらも意識せずに摂れるし温めることで甘さが増すしでおすすめです🍊

 

材料(300mlマグの場合)

  • みかん 5こ
  • カカオニブ お好み

※みかんの大きさによって個数は加減してください
 

作り方

  1. 白いのはできるだけ残したままのみかんをまずスムージーにしてからレンジで温める
  2. お好みでカカオニブ乗せる

※レンジで温めの際はふきこぼれに注意してください
 

 

 

 

注)柑橘類に多く含まれるソラレンの作用で飲んだあと8時間程度日焼けしやすくなります。

出かけない日か夕方以降か日焼け対策完全な日にどうぞ。

ヘルシースイーツレシピ:トマトのフローズンヨーグルト

甘いトマトでフローズンヨーグルトを。

さっぱり甘酸っぱく食後のデザートにぴったりです⭐
 

皮ごと使ってリコピンたっぷり、アイスクリームよりカロリー低く、乳酸菌で腸活にも期待ができる、

美容にもダイエットにも嬉しいレシピです🍅
 

材料

  • ヨーグルト 300g
  • みつトマト 1パック
  • オリゴ糖 大さじ2

 

作り方

  1. 材料を耐熱容器にいれてバーミックスでまぜてそのまま冷凍庫へ。
  2. 30分〜45分置きくらいに様子を見つつ空気を含ませる感じにかき混ぜながら5時間程度待つ。

 

トマトの水分が出るのでヨーグルトは水分少なめのほうがおすすめです。

無糖ヨーグルトを使う場合や、加糖ヨーグルトも商品名によって甘さがかなり違うので、

オリゴ糖の量はお好みで調整してください。※たくさんいれると水気多くなるので注意。

 

 

かき混ぜにくくなるほど凍ったらあとは放置でいいですが、できるだけ早く食べないとどんどん水分出てシャリシャリに。

盛り付けの際にバーミックスで頑張って最後のひとまぜすると多少なめらかになります。
 

バーミックス使うときはエプロン推奨。私は無印良品の割烹着愛用。
 

これ実は土曜のカニ鍋のときに出したデザート。

ゲストがトマト好きなのもあって作ってみた。

さっぱりで食後にすごくいい感じ。また作ろ。

 

今回はわりとシャーベットな感じが強めだったので、

次回は先にトマトをジャムにしてからギリシャヨーグルトに混ぜるパターンでなめらかさがどれだけ違うか試してみる予定☆

代謝アップレシピ:ホットりんごミルク

りんごは温めるとさらに栄養が増えるタイプの果物です🍎
 

でもカロリーも増えるので、

生姜とシナモンの力をプラスして、

エネルギーチャージに体温UPにと朝ごはんやランチのおともにぴったりのドリンクに。
 

ドリンクといいつつりんご1こ分の食物繊維たっぷりでよく噛むので満足感もしっかりです🍎
 

材料

  • りんご 1こ
  • 生姜粉末 小さじ1/2
  • 牛乳 200ml
  • シナモン お好み

これで大きめマグなら1杯、ふつうマグなら少なめ2杯ぐらいできるはず。
 

シナモン以外の材料をミキサーにかけて先にりんごミルクを作ってから、マグにいれてレンジで温めて最後にシナモンふりかける。

レンジで温めの際はふきこぼれに注意。
 

豆乳でもおいしいです。

酸味の強い品種のりんごを使ったり飲んでみたら甘くなかった場合は、はちみつやオリゴ糖を足してみてください。

 

デトックスレシピ:メロンと梨のグリーンスムージー

メロンに梨にグリーンはセロリと、カリウムたっぷりな材料でスムージーを。

むくみ予防に体からいらないものを出してしまいましょう⭐
 

甘くて果糖もたっぷりなので飲むなら朝昼に。

あ、夜でも運動前後ならOK。エネルギー補給や疲労回復に使えます。
 

材料(1l以上できた気がする)

  • ハネデューメロン 半分
  • 新興梨 1こ
  • セロリの葉っぱ 1本分
  • 水 200ml
  • かぼちゃの種(乗せる用) 気持ち

梨が大きい!

メロンも梨も水分多いので水は200で。
 

たぶんこの緑はメロンの緑じゃないのかなー。

メロンも梨も甘くてセロリがさわやかで、全部私の好物やしでそらおいしい。

でも今回はグリーン少なめなので万人受けすること間違いないかと🍈
 

というかメロンと和梨とか季節外れにもほどがあるんやけど、スーパーで見つけてしかもお買い得だったので購入。

最近は年中食べられるらしい。

メキシコのメロン農家さんと新潟の梨農家さんありがとう!
 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

デトックス&アンチエイジングレシピ:パクチーたっぷりグリーンカレー鍋

パクチーにはデトックス効果やアンチエイジング効果など健康維持に大切な効能がたくさん。

グリーンカレーでお鍋にするとかなり食べやすくなります⭐

 

 

バーミキュラに白菜と小松菜とフリルレタスとしめじをいれて豚バラをふたする様に並べたら、

 

作っておいたグリーンカレースープをいれてふたして中火で15分。

→グリーンカレースープは塩ベースのスープに刻み生姜とナンプラーにグリーンカレーペーストとさらにスータイのレトルトのグリーンカレーを足して作成。

 


 

パクチーを乗せて出来上がり。


〆はフォーにしてスープも全部完食!

 

ちなみにパクチーは嫌いじゃないですが、

何にでもパクチー入れよとはまったく思わんし、

スムージーにするとか絶対ないし、

個人的にはやっぱりアジアっぽい料理のさわやかなアクセントに使う方法が一番おいしく食べられると思う!

美肌レシピ:トマト鍋

美肌に。トマト鍋。
 

キャベツ一玉分敷いて、

トマトとかぶをまるまる置いて、

しめじと手羽元と豚バラとミニトマトで隙間埋めて、

真ん中にカマンベールを鎮座させたら、

別でゆでたブロッコリーも乗っけて

トマトスープで煮込む。
 

途中でカマンベールに切り込み入れてとろけさせるとスープの雰囲気もまた違って楽しめる。

 

〆のチーズたっぷりリゾットはトリュフオイルと黒胡椒で一手間かけた感じに。

 

明日はパクチー鍋!

 

 

運動のあと体の回復期間中は、

できるだけ消化が良くて体を作るもの(ビタミンミネラルタンパク質など)を食べると、

筋肉痛にもなりにくいし疲れもとれやすいし、体がより健康にむかってできあがりやすくなります。

逆に回復期間中に消化の悪い体に負担かけるようなもの食べてると、

回復しきれずに長引く痛みや疲労感の原因になるおそれも。

 

ダイエット(痩せるてことじゃなく食事に気を付ける)だけでは体の健康維持はできないので運動で筋力をカバー。

運動だけでは年齢とともに回復の力も衰えて疲れやケガの心配があったりするので食事でサポート。

運動と食事の両方をバランスよくつかって、健康な自分でいられるように努めたいところです。

ヘルシースイーツレシピ:焼きりんごのミルフィーユ風

ヨーグルトを焼きりんごではさむことでヨーグルトがあたたまって乳酸菌力が活発に⭐
りんごまるまる1こなのでおなかもしっかり満足する+おなかの掃除もしてくれる嬉しいレシピです🍎
 

 

 

材料

  • りんご 1こ
  • ギリシャヨーグルト 適量
  • ココナッツオイル 適量
  • シナモン お好み
  • はちみつ お好み

作り方

  1. りんごスライスしてココナッツオイル塗って焼く
  2. りんごでギリシャヨーグルトをはさんでりんごをもとの形に積み上げる
  3. シナモンとはちみつを好きなだけかける

 

ヨーグルトはギリシャヨーグルトじゃないとびしゃびしゃではさめないと予想されます。

クリームチーズでもおいしそう。

りんごは焼きすぎずのほうが食感も残るしナイフで切りやすいです。

 

ちなみにこれ今日の私のランチ!

おなかスッキリレシピ:りんごとバナナのグリーンスムージー

お腹の調子を整えるにはりんごとバナナの組み合わせが頼もしい🍎🍌

おなかに余計なものが残ってると必要な栄養も吸収されにくくなります。

不溶性と水溶性の2つの食物繊維で腸をすっきりお掃除してもらいましょう⭐

 

材料

  • りんご 1こ
  • バナナ 1本
  • みかん 1こ
  • ケール 1パック
  • 水 300ml
  • アーモンド(乗せる用) 2粒

 

 

 

りんごはよく洗って絶対皮付きで!

材料が多いので水300にしてサラッと流し込める感じに。

 

年末年始、量はあんまり食べてないけど内容がいつもと違う感じやったからかここしばらくおなかすかんことになってしまってたので、なんとかこれでリセットできますようにー!
 

**お願い**

生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。

寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

二日酔い対策レシピ:柿と洋梨のグリーンスムージー

柿も洋梨も栄養満点でおいしいだけじゃなく、

アルコールの分解を助けたりむくみを解消したり二日酔い対策にも頼もしい効能があります。

洋梨には喉の痛みをやわらげる作用もあるので、たくさん飲んだ翌日のあの喉のガラガラにもやさしく飲めます。

グリーンを春菊にして効能をさらに強化!
(春菊も栄養たっぷりでむくみ解消や喉の違和感に効く成分が含まれてます)

 

材料

  • 柿 1こ
  • 洋梨 1こ
  • みかん 1こ
  • サラダ春菊 1パック
  • 水 300ml
  • アーモンド(乗せる用) 2粒

 

水溶性食物繊維が多いので水多めの300。
二日酔いだとさわやかさも欲しいところかしらとみかんも追加。
春菊苦手な人やグリーンスムージー初心者の方は春菊半分でもOK。

 

私は大好きな感じです。
柿と洋梨はグリーンスムージーをかなり飲みやすくしてくれるフルーツやと思ってます。
ヒラマサさんは青い青いとぶつぶつ。
そら青いでしょうよ春菊いれたもの。

**お願い**
生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。
寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

特別な日のヘルシーレシピ:ローストポーク

お正月ごはん。ローストポーク。

豚肉には疲労回復や美肌効果のほかにも、
脂にコレステロール値を下げる効果があることがわかってきたり、脂肪燃焼や糖質の分解を助けたり、

健康に嬉しい効果がいっぱいです。

今年のお正月ごはんは先日谷原さんのタイムレスキッチンで有元葉子さんと一緒に作ってたローストポークに。

(タイムレスキッチン好き)

にんにくと一緒に食べることで、ビタミンBの吸収や働きもより良くなります。
またシンプルにお塩で頂けば余分なカロリーを摂らずにすみます。

 

材料

  • 豚肉(ブロック)
  • にんにく
  • 粗塩
  • ローズマリー
  • ローリエ


作り方

  1. 豚肉にナイフで切れ目をいれてにんにくさしこむ
  2. 粗塩をなじませる
  3. バーミキュラで軽く表面を焼く
  4. ローズマリーとローリエをいれて蓋して140℃のオーブンで3時間

 

お肉の穴開けなど谷原さんが担当してた作業はヒラマサさんが。
豚肉は大きなブロックがなかったので試しにバラとももをそれぞれ。

 

 

 

 

ローズマリーは庭の。
ローリエはテレビでは生やったけどないので乾燥の。

あと谷原さんたちは蓋とってから焼き目つけるよう再度オーブン入れてたけど、開けてみたらなんかこんがりしてたので追加オーブンはなしにしてみた。

 

どちらもおはしでほぐれる出来上がり。
バラは柔らかホロホロでおいしかった!
にんにくもなんかとろけてねっとりみたいな甘い別の食べ物になってた。
ももはそのまま食べるには筋肉感が強かったので、

  1. お肉をほぐしてローズマリーとローリエをとりだしたバーミキュラにいれる
  2. トマトピューレと水少しとひよこ豆水煮と乾燥オレガノをバーミキュラにいれる
  3. 弱火で20分

でおいしいトマトスープに変更。
お鍋もきれいになるしうまみ出てた肉汁も使えるし一石二鳥。
調味料や顆粒だし入れなくてもお肉のうまみと塩とにんにくやハーブの味で十分。

ちなみにタイムレスキッチンのその日のレシピだった、

しいたけアヒージョとグリーンサラダもちゃんと作りました😀

ビューティーレシピ:クレソンとりんごのスムージー

サラダでよく見かけるクレソン×りんごでスムージー。
おともにラズベリーとキウイを加えて、美容に嬉しい(=健康やアンチエイジングにもいいんやけども)レシピに。
爽やかな甘みの中にプチプチ噛む食感もあるので口さみしさも満足します⭐

 

材料

  • サラダクレソン 1パック
  • りんご(はるか) 1こ
  • ラズベリー 50g
  • グリーンキウイ 小さめ1こ
  • 水 300ml
  • ドライいちじく(乗せる用) 半粒

 

りんごを活かしたかったのでおともくだもの控えめに。
水分少なめの材料なので水300で。

 

りんごは新品種の黄色いりんご、はるかを使いました。
甘いりんごで売ってるやつ。
黄色なのでジョナゴールド的なシャクシャクした食感を想像してたらどちらかというとふじ的なサクッとパキッと系。
ちなみに甘みが強いというよりは酸味がやわらかくて甘さが立ってるみたいに感じました。

 

サラダクレソンは何も邪魔しない。
それでいて栄養たっぷりでグリーンスムージー作りにすごくおすすめ。
※とはいえ毎日同じものを摂るのはとても体に負担がかかるので、グリーン含め材料は色々ローテーションさせて作ってください。

 

色はこの写真が一番近い、オレンジな感じです。

**お願い**
生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。
寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

胃腸を助けるレシピ:フィノッキオのスープ

胃腸を助けるレシピ:フィノッキオのスープ

 

フィノッキオはフェンネルの根っこ部分。
フェンネルには胃を健やかに保つ作用や消化促進作用があります。

肝臓障害を改善すると言われてたりもするので、年末年始の食事で疲れた胃腸や肝臓のリペアにぴったりです。
また独特のいい香りの中に咳を止める効能もあるので、この季節おすすめのあったかレシピです🍴

 

材料

  • フィノッキオ付フェンネル 1本
  • チーマディラーパ 1パック
  • たつやのにんじん 1本
  • 豚バラ肉 160g
  • 水 800ml
  • ほたてとしいたけのスープ 大さじ2
  • ピンク岩塩 小さじ1と1/2
  • こぶ茶 ほんのり
  • オリーブオイル ほんのり

作り方

  1. 材料バーミキュラにいれて弱火で30分。
  2. そんだけ。

 

チーマディラーパはイタリア野菜で菜の花の一種。
日本の菜の花ほど苦味が強くなくてスープにも使いやすいです。

 

 

 

 

 

 

 

人参は崩れるかなと思って皮付き大きめに切ったけどやっぱりホロホロに。
いや別にホロホロして全然いいんですが。

チャージ&アンチエイジングレシピ:チョコバナナ風グリーンスムージー

無性にチョコバナナが食べたくなったのでスムージーでごはんを兼ねてみる作戦。

グリーンをケールにして栄養満点。
おともの柿で美容や健康にも◎。
水溶性食物繊維たっぷりでお腹も満足します。

 


材料

  • バナナ 2本
  • 柿 1こ
  • ケール 1パック
  • 水 300ml
  • カカオニブ(乗せる用) 小さじ1

 

 

バナナ感強くするのに2本使用。
柿の追加でよりとろみ仕上げに。
なので水多めの300。
これでもだいぶとろっとろ(最後の写真のとおりめっちゃなめらかで乗せたカカオニブが沈まないくらい)なので、

もうちょっとドリンク感ほしければ400、逆にすくって食べてよりスイーツ感だすなら200でも。
水なしでグリーンプディングとして食べるのもおすすめ。

味は予想通りのチョコバナナ感!
(色は鮮やかすぎるくらい緑やしケールの風味ももちろんあるけども)
カカオニブのほろ苦うまいー。
体が欲してるものを摂れると気持ちも満足😀
カカオニブ足すことで不溶性食物繊維も追加されるので整腸作用も期待できます⭐

**お願い**
生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。
寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

デトックスレシピ:セロリと梨のスムージー


体のお掃除にカリウムと食物繊維たっぷりな材料でスムージーを。
おともはみかんとマンゴーで美容にもぴったり⭐
※ソラレンもたっぷりで日焼けしやすくなるので、おでかけのない日や夜にどうぞ。
休日を使ったジュースクレンズにおすすめです。

 


材料

  • セロリ 1本(葉っぱも)
  • 梨(今回は南水) 1こ
  • マンゴー 100g
  • みかん 1こ
  • 水 200ml
  • ドライマンゴー(乗せる用) 半枚

 

 


梨とマンゴーの甘みで飲みやすいです。
乗せるドライマンゴーはオーガニックで余分な材料使われてないものを。

道の駅にも梨売ってたり、最近秋冬もおいしい梨が手に入って嬉しい。
Oisixの何が届くかわからないやつ(お楽しみベジフル)で梨くるとテンション上がります。

**お願い**
生の野菜に生のくだものなので、当然体を冷やすことにもなります。
寒い季節のグリーンスムージーは、その後の体温管理に注意をお願いしますm(_ _)m

寒かったので

あったまりそうなごはん。

体温管理大事。

気持ちがあったかいのも大事。

 

トマトで煮込んだハッシュドポークとポテトサラダのつもりが、なんか寒かったので勢いでこんな感じに変更。

世界の朝ごはんとかで紹介されてそうな見た目に。

自分の分は極力一皿にまとめようとしてしまう。

 

  1. 耐熱なお皿に皮つきくしぎりのじゃがいもを並べてレンジで加熱。(小さいじゃがいも3個で600w5分)
  2. じゃがいもの上にハッシュドポークをたっぷりかけてその上にゴーダチーズのスライス2枚。
  3. 250度のオーブンで8分。(←チーズがいい感じにぶくぶくするまで。)
  4. おわり。

 

ハッシュドポークは、

  1. フライパンでたっぷり玉ねぎとエリンギとしめじをオリーブオイルで炒めて、
  2. 薄切りの豚肉を投入してお肉の表面の色がかわったら、
  3. トマトピューレとデミグラスソースを入れてちょこちょこかき混ぜながら中火で10分。
  4. そんだけ。

まずくなりようがないのでおいしい。

チーズたっぷり万歳。

 

ちなみにヒラマサさんには上の民族伝統料理みたいなやつは出さずに、

じゃがいもにカリフローレゆでたやつとめんたいことマヨかけた仕様に。(←加熱時間はレンジもオーブンも同じ。)

そんでハッシュドポークは別皿提供。

 

料理はけっこう思いつきです。

 

 

最近のあの森。

アップルかわいいよアップル。

123>|next>>
pagetop